夏休みに思い出を


 夏休み……と言っても福岡の高校は補習が多いので、あんまり休みという感じがしません。本当に学校が休みになるのが2週間くらいだと、本当にこれが夏休みなのか?と思う人がいても不思議ではないでしょう。3年生に至っては予備校並みのスケジュールで、安くつくとも言えますが大変ですね。
 山本は中学でサッカー、高校ではバレーボールのクラブをやっていて、夏休みはお盆以外ほとんど練習と試合でした。夏の暑い盛りにグランドを走り回って、フラフラになって倒れたこともあります。水泳部に好きな人がいたので、サッカーボールをわざとプールに蹴りこんで取りに行ったりしていました(アホ)。試合に行っても補欠なので応援しているだけでしたが、帰りにみんなでラーメンを食べるのが楽しかったのを覚えています(山本はこれで『すがきやのラーメン』が好きになりました。名古屋に行く機会があったら食べてみてください)。
 高3の夏休みにはクラブは引退していましたが、9月の文化祭でクラスで演劇をするので、その準備でよく集まって練習していました。学校が使えないので公民館を借りて練習をし、帰りにみんなでマクドナルドで騒いだりしました(山本はこっそり抜け出して彼女に会いに行きました)。井戸に人が落ちる音を録音するので、山本の家に何人か来て、お風呂場にイスを投げ込んで録音したこともあります。劇の本番はまあまあうまくいったのですが、10クラス中5位でした。中途半端〜。
 家族で旅行したり友だちと遊んだりすることもあるでしょう。休みだから羽を伸ばしてほしいのですが、40日間なんとなくダラダラ過ごすのももったいないような気がします。
 短いと言っても、休みはあります。せっかくだし、普段できないようなことを何か1つ決めてやってみたらどうかな、と思います。
 クラブをがんばっている人は、おそらく勉強とクラブだけで夏休みが埋まってしまうでしょう。友だちと遊ぶヒマがなくてつまらないかもしれません。でも遊ぶのはクラブを引退してからでも、大学に入ってからでもできます。高校のクラブは中学とも大学とも違っていて、子どもとオトナのまん中にいる人たちでないと味わえない悩みや充実感があります。Mさんの話を聞いていても、クラブのやり方や人間関係で悩んでいる中で、少しずつ彼女がオトナに近づいているのがわかります。その時間を一生懸命に過ごしていれば、まちがいなく一生の宝物になります。おそらく今の高校生の中で、そういうふうにクラブをやりきれる人は少ないでしょう。がんばってみてほしいです。
 もちろんクラブでなくても、バイトに打ち込んで何かを得る人もいるし、将来を考えるために本を読んだり、オトナにじっくり話を聞いてみたりすることもできます。そういうことだって立派な勉強です。学校のスケジュールに縛られている普段の勉強では、みんなひとりひとりにとって本当に必要なことを学べるとは限りません。人からあれこれ指示されずに、自分の一番やりたいことに打ち込んだり、自分の将来についてじっくり考えるのは、大切だしやってみれば楽しいはずです。
 そして3年生は、この夏休みが勝負です。高校入試と違って大学入試は小細工がききません。夏の間に基本をしっかり固めておけば、2学期以降の追い込みが効きます。今の成績がもうひとつでも、8月の終わりまでに「受験生なら誰でも知っていること」をきちんと身につけておけば、十分勝負できるのです。そう思ってこの40日間を乗り切ってほしいです。
 入試勉強のすべてがみんなの役に立つとは思いませんが、目標を決めて計画を立てて努力すること、自分の性格や特徴に合わせて勉強の仕方を工夫すること、結果に対して自分で責任を負うことは、みんなを成長させてくれるはずです。本当に賢い人は"死ぬまで勉強する人"だと思いますが、そうなるためには、一度は自分の限界まで頭を動かして鍛えておく必要があります。この夏は、そのいい機会です。人に言われてやらされるのでなく、自分の「壁」と勝負してみてほしいです。
 中3からつきあってきた3人とも、あと半年でお別れです。山本は自分のできることを全部するつもりで準備します。必要なことがあれば何でも言ってください。昨年は受験の結果がよくなくて悔しい思いをしましたが、今年はぜひみんなとうれし涙を流したいです。応援しています!(2009/7/21)



今週の「日食」
 22日の午前中に日食がありました。山本は博多駅近くの自宅から空を見ました。
 少し曇っていたけど、三日月よりもっと細くなった太陽が見えました。9割以上欠けているのにまだ太陽は随分明るくて、ちょっと曇って暗くなったくらいの感じでした。みんなのいた場所の天気はどうだったでしょうか。
 テレビでも中継をしていましたが、悪石島では雨でほとんど見えず(わざわざ何百人も行ったのに)、硫黄島では見事な皆既日食が見られました。太陽のはしから見えるプロミネンスや日食の終わりに見えるダイヤモンドリングは、テレビで見てもきれいでした。昼間なのに金星がよく見えたり、冬しか見えないオリオン座の星が見えたり、地上が夕焼けのようにオレンジ色になっていたのも印象的でした。
 次の日食は26年後、今度は北陸や関東で皆既日食が見られます。




通信の一覧に戻る

最初に戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system