中2のキャンプに行ってきたよ/残暑お見舞い



 夏休み、元気に過ごしていますか? 去年と比べるとはるかにのんびりした生活になっている人も多いと思います……が、くれぐれもルーズ(いい加減) にならないようにね。「寝る時間」「起きる時間」「食べる時間」「遊ぶ時間」……などを自分で決めて、自分で時間の管理をできるようにしてください。
 さて 山本の方は、保護者面談をはさんで7月の26日〜28日まで、中2の水泳キャンプに行ってきました。来年の参考のためにそこでの話をします。
羽尾の海  鳥取県の、兵庫県との県境に近いところに「羽尾」という小さい町があります。遠浅の海岸が広がる静かなところで、海水浴にはピッタリです。その町で2泊3日で"水泳漬け"になるのが中2のキャンプです。6〜7月の体育の授業で泳ぐ力を試しておいて、海でそれぞれがもう1ランク上の力を目ざして泳ぎます。
 ……といってもはじめは「水が冷た〜い」「波にのまれる!」など大騒ぎ。今年は特に台風の後で波がやや高く、平泳ぎの息継ぎで顔を上げた途端に波を受けて水を飲んでしまったりということもよくありました。それでも水はきれいで、底を見るとアジの子どもが泳いでいたりして楽しい。
 今年の中2は優等生が多くて、泳ぐのも一生懸命だし宿舎に帰ってもおとなしい。山本の泊まった民宿(中2C組)では、10時の消灯の後もヒソヒソ話が聞こえる程度でした。1日目の夜は花火大会、2日目の夜は班ごとのフリータイムがあり、肝試しのマネで近くの廃屋までみんなで行ってのぞいてみたりしました。食事は取り立ててごちそうではないのですが、やはり魚がおいしい。夜になるとイカ釣り漁船の明かりが沖の方に見えて、なかなかきれいです。
 最終日(3日目)に泳力テストと遠泳をします。あまり泳げない人は浅いところで200mを目標に泳ぎ、よく泳げる人は沖を回って800mほど泳ぎます。山本は遠泳を一緒に泳ぎました。
 普段全然体を動かしていなくて、水泳訓練でもただ水に浸かっているだけでほとんど泳いでいなかったのに、無理に遠泳に出たせいか、半分くらい来たところで息が続かなくなってしまいました。近くのボートに乗っていた先生に「浮き輪をくださ〜い」と言って助けてもらう始末。他にも2人の先生が途中でギブアップしてしまい、後の反省で「これからは先生も事前訓練をしてもらわなければ……」と学年主任から言われてしまいました。
 そんなこんなで帰りはみんなぐったり。でも今年は全体には楽しい水泳キャンプでした。さて、来年の中2はいかに?(1994/8/1)

 残暑お見舞い申し上げます。
 夏休みも残り少しになりました。いい毎日を送っていますか?
 勉強にも遊びにもクラブにも、思いっきり取り組んでほしいです。
 丹戸村のキャンプやエキスポランドなど、クラスの行事もありました。
 キャンプはどうだった? いい思い出はできましたか? 一度思い出してみてください。……集団生活でどうしても覚えておいてほしいことは、「仲間と一緒に生活することのしんどさと面白さ」です。味わえましたか?
 エキスポランドは18人の参加で、思い思いに遊べたようでよかったです。(風神雷神は怖かった……)またみんなで遊びの計画も立ててみてください。
 1学期の間見ていて、ひとりひとりみんな、とてもいいところを持っていると思います。「自分のいいところ」を見つけ出し、それをクラスやクラブの中で伸ばしていってください。2学期からも「みんながまとまる、居心地のいいクラス」をつくっていきましょう!
 始業式は9月5日、8時50分に講堂に集合。聖歌集を持参すること。(1994/8/20)

通信の一覧に戻る

最初に戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system