学校を選ぶことの意味


 受験生と過ごす1年は、忙しいけどやりがいもあります。まだ緊張感のない人も少し? いますが、しんどい日程でも塾に来てくれるみんなの顔を見ていると「がんばらなきゃ」という気になります。
 志望校のことで色々考えることもあるでしょうが、悩むことも一つの勉強です。自分がどんな学校に行きたいのか、どんな道を選びたいのか、これからのことについて考えるいい機会でもあります。(相談にはいくらでものりますよ)
 ……といっても、上の学校が実際にどんなところなのか、いくら説明会やパンフレットを見てもわからない方が普通です。事前にはっきりわかるのは、通学にかかる時間とお金くらいです。実際にその学校に通ってみて初めて善し悪しがわかることも少なくありません。学校を選ぶこと自体が一つの"かけ"でもあるわけですね。
 偏差値の高い学校=いい学校とは限りません。自分のやりたいことができる、新しい自分を見つけられる、そんな学校がいい学校なのだと思います。でも中学受験や高校受験では、自分に何が向いているのかわからない人が多いでしょう。だからどうしても偏差値でものを見がちになります。それがいいこととも限りませんが……
 偏差値の高い学校をめざす理屈 というものがあるとしたら、
  将来自分の好きな進路(職業)を選びたい
 →職業を選べるような学校=進学率の高い学校に入っておく方が有利(選びやすい)
 →今のうちから進学率の高い学校には入れるようにしておいた方が有利
 というところでしょうか(言い過ぎかな?) でも結局自分が何をしたいのかわからないと、どこかでそれ以上進んでいけなくなる(勉強をする気がなくなる)ように思います。
 山本は高校時代に「環境庁(今の環境省)に入って公害をなくしたい」という夢を持っていました。しかし大学で勉強していくうちに夢そのものが変わっていきました。結局高校時代には一番なりたくなかった教師になってしまいましたが、後悔はしていません。
 大学ではそれほど優等生でもなく、他の学部の授業にもぐったり、バンドのツアーでほとんど勉強しない時期があったり、やりたい放題でした。それでも卒業できたし、自分のやりたいことをさせてくれた、色々な出会いの場を与えてくれた学校には感謝しています。そういう学校が自分に合っていたのだとわかったのは、卒業してからです。だから今みんなが悩むのは当然だけれど、悩んでも仕方のない部分もあると思います。

 どんな考えで進学する学校を選んだとしても、自分を見つける本当の作業はその後から始まるのです。大学に入る前に「自分を探す訓練」をしておくのがいいとも思いますが、なかなか難しいですね(今は職業体験などもありますが……)。だからもし自分のやりたいことがはっきりわからないのならば、「偏差値の高い学校に入るのが一番大切なことなのではない」ことだけは知っておくべきです。さもないと合格した瞬間に目的をなくしてしまって、いい加減な学校生活を送ることになってしまいます。今覚えている公式を大学に入って忘れてしまってもさして問題はありませんが、自分がどんな人間か、これから何をしていきたいかということは絶対に考え続けなければならないのです。
 大学で行われている研究の内容は、それこそ研究者の数だけあります。大学でやっていることの内容は、資料で読むだけではよくわかりません。自分で大学の学生課あたりに電話をするなりして、研究室を訪ねてみるのもいいと思います。最近は大学も敷居が低くなってきているので、わりと気軽に話が聞けるかもしれません。けっこう喜んで相手をしてくれる人もいますよ。
 オチのつかない文になりましたが、たまには「生き方の勉強」もしてみてほしいです。相談くらいにはのれますので、よければ塾の講師も利用してください。(1997/11/20)

通信の一覧に戻る

最初に戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system