再度、復習のすすめ


 今はみんなへの講評(通知表)書きに追われています。人によって内容は違いますが、中2の人には「塾で習ったことの中で難しかったこと、まちがえた問題などを、家で5分でもいいから見直しておきましょう」中3の人には「入試問題を解いて、まちがえたところは解き直しておきましょう」などとよく書いています。
 塾の授業でわかったつもりになっても、次の授業までにすっかり忘れているのでは意味がありません。特に中3の人にとって、今から入試までに習うことは本番の点数に直接関わります。
 人間の記憶というのは(学び方にもよりますが)最初に頭に入ってから丸1日くらいで半分くらいは忘れてしまいます。この"忘れ"を防ぐためには、1日たつ前に習ったことを思い出せばよいわけです。塾の授業があった日に、家に帰ってから何かをするのは面倒でしょうが、5分でいいからノートやプリントの見直しをして、その日にどんなことを勉強したかを見ておくと、自分で思っている以上に効果的に覚えることができます(本当はさらにもう1回くらい、3〜4日後に見ておくとよい)。
 難しい問題の解き方など、こうやって何回も見ていくうちに突然わかったりすることもあります。ぜひ一度試してみてほしいです。
 中3の人にはずっと入試問題を解いてもらっていますが、せっかく解いてもできないところをそのままにしていたのではモッタイナイというものです。
 「自分がまちがえた・わからなかった問題を解けるようにする」ことが、どんな問題集を解くより最も効率のよい勉強法です。まちがえた問題に印をつけておき、解説を一通り読んだ後でもう一度解き直すのが、面倒でも効果的なのです。やってみるとわかりますが、新しい問題を解くより速く進むし、理科の場合同じパターンの問題がよく出るので、他の科目と比べてすぐ点数に反映します。2回目でもわからない問題はチェックしておいて、山本に質問してください。(今年の中3はいつもより質問する人が少ないです。心配しています)
 中2の人は今のうちに能率のいい勉強法を自分で見つけておくのが、来年を乗り切る手助けになります。中3の人は残り少ない時間をうまく使い、あせらずに本番に臨むために、もう1度勉強の仕方を考え直してほしいと思います。(1999/12/14)


通信の一覧に戻る

最初に戻る

inserted by FC2 system inserted by FC2 system